football

ラグビーとアメフトの違いを1分ですごく簡単に説明。

こんにちは。lenaです。

今日はすごい盛り上がりを見せたラグビーとアメリカで大人気のアメフトのお話。

アメフトは昔からスーパーボウルをルールも分からくて何となく見ちゃう感じなので、魅力がきっとあるんだと思う。

ラグビーも似てるのでアメフトもきっとみんな好きなはず。

簡単なラグビーとアメフトの違い。

⭐️ラグビー15人、アメフト11人

⭐️ボールの色が違う。ラグビーの方がちょっと大きい。

⭐️ラグビーは前にバス反則。

⭐️アメフトは前にパスオーケー。

⭐️ラグビーはタックルするのはボールを持った間だけ。

⭐️アメフトはタックル誰でもオーケー。

⭐️フットボールは前に出すパスは1回の攻撃の間1回だけしか使えない。 必殺技って感じ。

⭐️ラグビーの反則:肩から上のタックル、ボールを前に落とす、肩から上のタックル、ボールを前に投げる。

⭐️フットボールは野球のように攻撃と防御が交代制。

⭐️フットボールは4回の攻撃で9メートル以上進むとさらに4回攻撃できる。

ノーサイド

ラグビーはノーサイドと言って試合が終わったら仲間という精神が素敵。さすがヨーロッパではラグビーは紳士のスポーツとして有名だけあるね。

実際にはゲーム終了の合図らしいけど、調べたら今は日本しか使ってないみたい。で、とっても素敵な言葉なので使い続けて欲しいね。

そして、ラグビーには試合後にアフターマッチファンクションと言う親睦会?というか飲み会みたいのが対戦相手同士であるんだって!

こういう文化があるのはノーサイド精神というラグビーならでは。すごい素敵だと思う。

そういうのを含めて日本人が好きになりやすいスポーツだと思う。

私はスポーツでファンが攻撃的だったり、選手がテクニックで痛がったりしているのがとっても嫌なので、こういうところも含めて感動だよね。

自分が好きなチームを一生懸命応援するのはとっても素敵だけど、対戦相手を貶める事は駄目💢

football
最新情報をチェックしよう!
>itoma CBD

itoma CBD

日本製にこだわったCBDブランド「itoma CBD」