sleep

国民病ともいえる不眠症、CBDオイルは救世主となるか?

CBD sleep

CBDがどのような物質か、誤解がなく伝わったら、CBDを睡眠の改善に取り入れる人はぐっと多くなることでしょう。

それほどに不眠症は、苦しい病気です。

現代人の多くが不眠症に悩まされています。

各国の医療の事情により、置かれているフェーズは異なり、日本も独自の問題を抱えています。

CBDの研究が進んでいるアメリカやイギリスでは、CBDの作用の中で突出して優れているのは睡眠用に使用する場合だと言う研究者もいます。



日本の不眠症独自の問題とCBDオイルが必要な理由

OECDによる睡眠時間の調査によると、33ヵ国中、日本は睡眠時間の長さでは最下位で、1位の南アフリカと比較して約2時間も短いです。

日本では自らの睡眠に満足している人はあまりいないのではでしょうか?

また、不眠症を主に治療する日本の精神科医療は、先進国の中で遅れをとっていると言われており、日本は不眠症分野では独自の問題を抱えています。


世界にはびこる不眠症

日本では20代から50代のうちの半数の人が睡眠に何らかの問題を抱えています。

なんと、9割の人が睡眠を改善したいと希望をしています。

アメリカでもイギリスでも、人口の約30%が睡眠障害です。

アメリカではさらに10%の人が不眠症の診断と一致する症状があるようです。

現代は、世の中が動くスピードが速く、人々は疲弊しているのかもしれません。


ベンゾジアゼピン系睡眠薬の弊害

日本では、不眠症の患者は、基本的に睡眠薬を投与されます。

人口の20分の1の人が睡眠薬を飲んでいます。

現在の日本では不眠症治療では困った現象が起きています。

日本で睡眠薬として主に使われているのはベンゾジアゼピン系という系統の薬剤です。

ベンゾジアゼピン系の薬剤が、依存症を引き起こすと言われ、使用できる量が次第に制限されてきているのが現状です。


医療が作り出した疾患

医療サイドは、今までの睡眠薬と比較し、「一生飲み続けても問題ない薬」であると言って、膨大な量の薬剤を投与してきました。

もし、代替の治療法があるなら、まだ許されることですが、他に方法がないのです。

ベンゾジアゼピン薬剤の服薬により、症状が安定していたのに、同じ量を服薬し続けることができなくなって苦しんでいる患者もいます。

まさに医療が作り出した疾患と言い切っていいでしょう。

患者はわらにでもすがりたい思いでいます。

CBDオイルが不眠症に効くという確証があれば、どんなに多くの人の助けになることでしょう。


イギリスでのベンゾジアゼピン系薬剤に関する集団訴訟

なんとイギリスでは1980年に14000人の患者と1800の法律事務所による史上最大の集団訴訟が引き起こされました。

もう、40年も昔のことです。

イギリスでは、投薬治療の他にどのような治療が行われているか調査したところ、認知行動療法が主流のようです。

それと同時にその様なサイトではたくさんの種類のCBDオイルが掲載されているのが数多く見受けられます。

では、医療先進国であるアメリカやイギリスで、睡眠とCBDについてわかっていることを見ていきましょう。


CBDオイルが不眠症にどう作用するか

CBDが不眠症にどう作用するかについては、単に眠気を発生させるようなメカニズムではないことがわかっています。まだ不明な点もありますが、睡眠パターンに影響を与えるということは確かであるようです。


CBDオイルと睡眠の関係

まずは、CBDオイルには、不安を緩和する作用があります。

不眠症の原因の第一位は不安症状であるので、合理的な結果ですね。

次に、CBDオイルが概日リズム形成に役立つ点が挙げられます。

CBDオイルは使用方法を変えれば、日中の注意力を高める作用があります。

不眠に効くことと、一見矛盾しているように感じるかもしれませんが、 CBDオイル が睡眠と覚醒のサイクルを強固にすることを意味しています。

また、 CBDはレム睡眠の割合を低減させると言われています。

レム睡眠とは夢を見るフェーズの睡眠で、浅い眠りです。

夢を見ることが減ると、睡眠の質が改善されます。

これらの要因の全てが、自然で、質の高い睡眠へと導くのではないかというのが、科学者たちの見解です。


CBDオイルを睡眠の改善に使用する時の注意点

睡眠サイクルの様々な段階でのCBDの正確なメカニズムをよりよく理解するためには、さらに多くの証拠や臨床試験が必要です。

しかし、CBDが睡眠パターンに影響を与えるということは確かです。

注意するべき点は、CBDは薬ではなくナチュラルな成分ですので、一人ひとり効果の出方が全く異なる点です。

また、睡眠時無呼吸の治療にCBDが役立つかどうかは、現段階では不明です。

処方薬が他にある場合は、相互作用があるかもしれないので、必ず、主治医と相談してください。


まとめ

不眠症で苦しみ、さらに睡眠薬の投与量の上限が変更され困っている日本の患者を救うためにも、CBDの睡眠に対する作用のさらに詳細な研究を待望します。

不眠症に関しては、認知行動療法での治療には限界があるでしょう。

次世代の不眠症の治療にCBDオイルが選択肢に入ること、そして国内ではCBDオイルが広く知られることも期待したいですね。

CBDオイル

集中力を発揮しなければならないのに、どうしても集中力が上がらなくて焦ったことはありませんか? テスト前の勉強の時であったり、あと数時間後に締め切りが迫った報告書を書いている時であったり… そういうときは、集中しようとすると集中ができなくてストレスを感 […]

PMS

「CBDオイルって最近よく聞くけれど、どんなもの?」 「生理痛もPMSも辛いけど、毎月薬に頼りっぱなしなのも嫌だなあ・・・」 女性特有のトラブルの、生理痛やPMS、さらに閉経後にやってくる更年期障害…。 なかなかまわりに相談しにくいし、どう対処しよう […]

腰痛

誰もが、何らかの痛みと共存して生活しているのではないでしょうか。 その中でもやっかいなのは、肩こりと腰痛です。 肩こりと腰痛は、仕事上回避しようがないケースの人が多くいます。 また、肩こりと腰痛は、背中という共通の部位に痛みが発生し、日常生活に影響を […]

アメリカのドラッグストアの通路を歩いていると、最近では多くのスキンケア製品のラベルに大きく表示されるCBDという新しい略語が目立ちます。 今まさにアメリカの美容業界が競ったように、CBDを美容液などにCBDを取り入れている状況なんです! たとえ、CB […]

sleep

CBDがどのような物質か、誤解がなく伝わったら、CBDを睡眠の改善に取り入れる人はぐっと多くなることでしょう。 それほどに不眠症は、苦しい病気です。 現代人の多くが不眠症に悩まされています。 各国の医療の事情により、置かれているフェーズは異なり、日本 […]

sleep
最新情報をチェックしよう!
>itoma CBD

itoma CBD

日本製にこだわったCBDブランド「itoma CBD」